2017年1月3日火曜日

支援Tシャツに新カラー登場?

寄付先:未来の福島こども基金さんの世話人様でもあり
NPO沖縄・球美の里の理事長の向井様より新春のお年玉を頂きました。
未来の福島こども基金さんのFBに支援Tシャツのアレンジ版が掲載されました。
製造方法はこちらとなります。
こどもたちと一緒に作れたら楽しいでしょうね。

2017年1月1日日曜日

4年目の新年

新年おめでとうございます。
これまで支援と活動を支えてくださった方々へお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。
2013年秋の始動から活動は4年目に入りました。
ライヴ会場で、通販、高玉屋さん、様々な会合の物販や、直接の手売りで
Tシャツをご購入頂いた方々におかれましては、お会いできていない方が多いのですが、
皆さまのご多幸を祈念しております。

予防原則に軸足を置いて、本来であれば行政主導で運営されるべき子ども達の保養ですが、
未だに施策へシフトする兆しは窺えない様子です。
大小規模の様々な支援団体が保養活動に力を注いでいますが、
長期活動でのお疲れの方々もいらっしゃるでしょう。
主体的に活動される方々それぞれに生活とご事情があります。
事故の記憶は風化するものでそれにあわせて関心は失われます。
寄付に頼る状況は本来の形ではないものの厳しくともそこが活動資金となります。
帰還政策の影響で還らざるをえない方々も増えていくなか、
保養の需要は高まる実情があります。
保養活動の裾野を拡げ受け入れ側の負担を軽減しするために必要なことは
下支えとなる理解と支援の拡がりです。

本年も機会がありましたら、実情をまた何方かへお伝えください。
よろしくお願い致します。

2016年12月31日土曜日

小児甲状腺がんの状況について~保養ワーキンググループ開催のお知らせ

検討会が行われる度の断片的な報道を目にする限りでは、
注視している方でも非常に分かりにくい状況かと想われます。
これまでの経緯や現状については先般お知らせしましたアワプラさんの報道
こちらのサイト によく纏められています。
事実が何を物語っているかについての理解と認識が高まることが、
子ども達への護りへと繋がると思います。


未来の福島こども基金の拠出先であるNPO沖縄・球美の里の保養にはいわき市の子ども達が最も多く参加しているそうですが、他の地域の子ども達も極力保養に行ける状況が望まれます。
今年の2月に白浜さんも参加されたワーキンググループが来年また開催されますのでお知らせします。とても熱心な方々が集います。



うけいれ全国・保養ワーキンググループ主催
              ほよっと全国交流会
      保養の存在意義をとらえなおし、今後の継続につなげるために

日時  201724日(土)午後~5日(日)午前まで
場所  福島県男女共同参画センター(福島県二本松市) 第二研修室
  JR東北線 二本松駅より徒歩12分 / 東北自動車道 二本松ICより車で5
      福島県二本松市郭内1丁目196-1 / 電話 0243-23-8301
□趣旨
原発事故から6年目を迎えるにあたり、保養の意義が問われています。保養を担ってきた人たちは一様に問題を抱えていますが、概して言えば、①資金の問題、②人材の問題(コアスタッフの疲弊も含む)、③内容、運営、スキルの問題、④募集方法、マッチングの問題、⑤リスクの対応の問題などがあげられと思いますが、とりわけ大きいのは、保養が現在、「どういった方々にどのくらい必要とされているのか」という問題です。原発事故被災地の状況の変化の中で、保養のニーズについて丁寧にとらえなおす必要も生まれてきています。
それらを踏まえ、今保養の継続のために必要なことは何かを整理し、具体的な活動につなげていけるような交流会になればと思います。
※「ほよっと」は、「保養」「ほっとする」等の言葉のイメージから作った造語です。実在はしませんが、「保養全国交流ネット」という架空の団体の略称でもあります。

□プログラム
241330分~1630分  テーマ別分科会(テーブルトーク)とシェアリング
…メインテーマは<保養をめぐる課題のピックアップ>です。個別のテーマは参加予定者に事前に提案してもらい、当日に発表します。
○同日 18時~2030分 夕食を兼ねて懇親・交流会with「福島-こころをつなぐ広場」(予定)
…パーティー形式で夕食を取りながら、福島県内で活動する団体とも交流をはかります。県内の活動団体(放射能測定や食品販売等)のブースの出展・出展を依頼する予定です。
259時~1140分  テーマ別分科会(テーブルトーク)とシェアリング
…メインテーマ<課題解決のデザイン>。前日に出た課題について、解決する方向をさぐるブレーンストーミングを行います。共同して課題に向き合うような具体的な一歩を踏み出すグループが結成されることも歓迎します。

□参加対象 (部分参加も可能です)
・全国の保養受け入れ団体のスタッフ等
・保養に参加している、または子どもを送り出している親
・保養送り出し団体関係者
・保養の支援団体等の関係者
418時からの懇親会は、保養参加当事者・送り出し団体関係者以外の現地団体の方の参加も歓迎。
□参加費  無料  ただし、宿泊、食事については実費が必要です。(宿泊と夕朝食合計で6500円程度の見込みです。)
□宿泊と食事について
・宿泊 20名程度までは男女共生センターでの宿泊が可能です。宿泊室は、主に洋式・ベッドの二人相部屋になります。宿泊の定員を超えた場合は、各自で付近のホテルなどの宿泊場所の確保をお願いすることになります。
・夕食 懇親・交流会の食事代(1500円~2000円程度)をお願いします。
・朝食 付近のレストランで食事ができますが、事前に申し込みをお願いします。施設の近くにコンビニエンスストアもあります。
□申し込み  申し込みのフォームを年明け早々に、メールで送ります。その時点で受付開始です。
宿泊、食事を申し込まれる方の第一次締め切りは、2017114日(土)です。(宿泊は満室になり次第締め切ります。)

□交通費補助について
 受け入れ団体の一般の参加の方には補助はありませんが、以下の条件に該当する方には、往復交通費の3分の2を目安に上限15000円まで、補助します(保養参加当事者など被災地の方は全額)。該当する方は申し込み時にご連絡ください。詳細の問い合わせも受け付けます。
・地域の保養団体のネットワークに所属する方で、そのネットワークから代表して参加するという了解が取れる方(ネットワークの規模などに応じて、13名の支給が可能です。)
・全国規模で活動する保養の中間支援団体の代表、役員、その団体が認めた関係者(一団体1名まで)
・保養参加当事者、保養送り出し団体関係者など主催者が認めた原発事故被災地からの参加者(基本的に全額支給)
・自動車による参加も補助します。(当団体規定による)
※交通費の補助は寄付や賛同金を財源としています。できるだけ低額の交通手段を選択してご協力いただけるとありがたいです。

□賛同金のお願い
 今回の交流会の実施にあたり、保養ワーキンググループあての寄付などを主な財源としていますが、不足分が生じる見込みです。交通費負担が少ない地域からの参加者の方などに、賛同金を協力いただけたら幸いです。(一口2000円、何口でも可)
<賛同金振込先>
 ゆうちょ銀行  口座名 311受入全国協議会保養促進グループ
・ゆうちょ口座から振り込む場合  記号 18570 番号 21582661
・他金融機関から振り込む場合
  ゆうちょ銀行 八五八(ハチゴハチ)支店 店番 858 普通預金 口座番号 2158266
□主催  311受入全国協議会 保養促進ワーキンググループ
□問い合わせ  小野  メール master_on7@yahoo.co.jp   TEL 090-9871-1419

2016年12月30日金曜日

LAST FIGHT IN FUKUSHIMA~南相馬 Back Beat 20161112

白浜さん、小山さんのそれぞれのサイトやFBにもコメントや写真が掲載されています。
オーディエンスと共に作り上げた素晴らしい空間がそこにありました。
当日の様子についてはお客様の中で素晴らしいリポートをされた方がいらっしゃいますのでごらんください。
作成者の方、どうもありがとうございます。

2014年11月に続き、会場では支援Tシャツを販売しました。
九州ツアー、本会場にてお買い上げの方々、ありがとうございました。
直接お礼をできずに申し訳ございませんが、
この場を借りて感謝申し上げます。
今回は地元bandメンバーより寄付を目的としたバザー出品の企画を設けました。
またメンバーの勤務先でありますパイオニア設計様よりも
多額のご寄付を頂きました。
こちらでも報告させて頂きましたが
上記の収入につきましては計72,000を未来の福島こども基金さんへ寄付しました。熊本支援マラカスの売上6,000円につきましては
小山さんが寄付された熊本県健康福祉政策課 義援金担当係
に寄付をしております。

 
今回はfast actが3組出演し白浜さんのご好意により再び地元bandが共演を果たしました。
御二人それぞれの熱いステージのあとのフィナーレは小山さん、白浜さんのバックとしても共演し
ライヴならではの素晴らしい時が流れました。ハヤブサが舞い平和を願う曲で締めくくられた夜。
会場の皆さんには楽しんでいただけたことかと存じます。
お忙しい中、ご参加くださった方々、どうもありがとうございました。
中には遠方からの方々もいらっしゃいました。また、参加できずとも応援も頂きました。
機会がありこの地を訪れた方々に少しでも状況を知って頂けたかと存じます。
機会がありましたらまた何方かに伝えて頂けましたら幸いです。
九州ツアーでお疲れの中での福島入りをされた白浜さん、小山さんとスタッフの方、
本開催に向けて様々な支援、お手伝いを頂いた方々に感謝致します。
どうもありがとうございました。

 白浜さんは3度目、小山さんは2度目の福島入りとなります。
常磐道をいわきで降り、久之浜の道の駅で食事をした後、6号線で北上しました。
風景の変貌を遂げる富岡駅に立ち、そこから時が止められた富岡町内を廻りました。
以前より線量は下ったとはいえそこは居住に適してるとは言い難い環境であることは否めません。
その富岡町では空家バンクの構想が進んでいます。
汚染地に6年間放置された家屋です。目的が違う気がするのは私だけでしょうか。


 除染土が並ぶ富岡駅周辺。駅舎や周辺の傷跡を象徴するかのような建物は段々と姿を消しています。
津波の傷跡が消え去ることと事故による汚染の状況が消し去さられようとしていることはひとつのコントラストを描いているかのようです。


           陸が下り砂浜が消失した小高区の村上海岸を塚原海岸から望む。
視界から海景を奪う防潮堤は本当に必要なのでしょうか。


 南相馬市原町区の復興住宅。仮設住宅から快適性は向上するでしょうが、お一人の方はコミニュケーションが大切な状況となります。目が届かずに起きてしまうこと哀しい事態を避ける注意が必要でしょう。
小山さんを撮りつづけているカメラマンの方がライヴから同行してあちこち撮影されました。
同じく同行された関東から駆けつけたファンの方も・・
状況を知る方が一人でも増え、またそこから認識の漣が拡がることでしょう。


 塚原海岸からの阿武隈山地を望む。2年前は夕焼けでした。

 当地を様々の分野の沢山の方々が訪れています。
恐らくですが、ガイドつきでくまなく廻った方はそう多くないでしょう。

今回も仮設住宅集会所で夜を過ごし、現地にお住まいの方の声を聞き、前回訪れた地を廻りました。プラントの位置からの土地勘をつかんだ上で小高区から原町区の避難先までの実際の避難ルートも体験しました。
被害の実相に目を向け、変遷を辿る視点で臨まれる方はもっと少ないと思います。
御二人の想いは歌を通して伝わってきます。


 6号線沿いの除染土置き場から遥か中通地方と仕切る形の美しい阿武隈山地。
除染不可能の巨大な放射性物質の固まりとなってしまいました。
カメラマンさんの要望から巡り合った原町区のひまわり畑。青い空の下希望への笑顔群のようです。

2016年12月28日水曜日

甲状腺検査の行方

県の検討委員会に関する報道です。
恐らくは間もなく落ちると思われますので下記が記事となります。

がん・がん疑い 新たに9人

原発事故のあと行われている子どもの甲状腺の検査に関する県の検討委員会で、
2巡目の検査でがんやがんの疑いと診断された子どもが
新たに9人増えて68人となったことが報告され、
原因などを慎重に調べていくことが議論されました。
県は、原発事故当時18歳以下だったおよそ38万人を対象に甲状腺の検査を行っていて、
27日は、検査の状況について専門家らが定期的に話し合う
県の検討委員会が福島市で開かれました。
この中では、ことし3月までに行われた2巡目の検査で、
がんやがんの疑いと診断された子どもの数が新たに9人増え、
68人となったことが報告されました。
1巡目の検査について検討委員会はこれまでに、
「放射線の影響とは考えにくい」とする見解を出していますが、
これで1巡目と2巡目をあわせたがんやがん疑いの患者は184人となりました。
2巡目の状況について、委員からは、「1巡目の検査のあと、短期間でがんが見つかり、
中には急速に大きくなっている人もいるのではないか」とか、
「がん患者の男女比では男性の割合が多く、チェルノブイリと似ているのではないか」
といった疑問が投げかけられました。
これに対して検査にあたっている県立医科大学の医師は、
「十分わからないこともあり、慎重に調べたい」と答えていました。
27日の検討委員会では、今後、甲状腺がんに関する科学的な知見を整理するため、
新たに外部組織を作る方針が確認されました。
12月27日 20時33分

今頃になって外部組織を作るそうですが、増えた数を見て慌てて火消しの機構を作るのでなければよいのですが。

2016年10月23日日曜日

失われた客観性を求めて

県民に寄り添う対応を 健康調査、福島で検討委

10/14の県民健康調査検討委員会にて「被災者に寄り添った立場の対応をまず考えるべき。その上で検査で『必要なこと』『必要でないこと』を判断した方がよい」と今後の在り方について言及した子供の甲状腺検査を評価する部会の部会長である清水一雄氏が部会長を辞任しました。 

「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表

 以前は影響は考えにくいとの立場だったようですが、2巡目検査での増加から見方が変わってきたようです。

 この件に限らず、社会的に問題意識が高まりそうなテーマに対して、権力や既得権益層が支持する主流から外れる発言をすることは、置かれた立場が社会的、経済的不利益を被る恐れがある場合、例えば家族を護る為にどのようなような振る舞いを求めらるのかについては誰でも想像はつくでしょう。 

また、福島民報、福島民友ではなく、北海道新聞であるところも、在り方を示唆しているかに思えます。 


 

2016年10月18日火曜日

甲状腺検査規模維持を県議会が請願採択


上記は福島県のHPの「各会派別の賛否の状況 [PDFファイル/269KB]」で参照できます。

毎日新聞が報じています。「福島第1原発事故 甲状腺検査規模維持を 県民健康調査、県議会が請願採択 /福島」
東京電力福島第1原発事故の影響を調べるために県が実施している「県民健康調査」の甲状腺検査について、県議会は9月定例会最終日の13日、検査規模の維持を求める請願を全会一致で採択した。
 検査を巡っては8月下旬、甲状腺がんと診断された子どもの家族らでつくる団体が対象年齢の拡大などを県に求める一方、県小児科医会は検査対象を絞り込むなど体制の見直しを要望している。
 請願は、自民、民進、共産、公明所属の4氏を紹介議員に、郡山市の市民団体「甲状腺検診の維持・拡充を求める会」(野口時子代表)が提出した。
 「検査規模の縮小は『早期発見、早期治療』という医療の原則に逆らうもの」と主張し、検査規模の維持▽検査を受けやすい環境の整備▽正しい情報発信−−を県に求めている。
 9月定例会は、今年度一般会計補正予算案や人事案など計56議案を可決・同意し閉会した。【曽根田和久】

報道が少ないようです。何故でしょうか。